父として

〖世のお父さん方に言いたい!〗たとえ子どもが小さくても《奥さんとは定期的に2人で出かけた方が良い》理由

ポジティブ
  • こどもがちいさいとどうしても子ども優先になりますよね。
  • 気付いたら夫婦での出かける機会なんてない。
  • そして気付いたら夫婦の距離は離れていた。
  • 子どもがいないと夫婦として成立しないのかもしれないなんて…

という恐ろしい事が待っているかもしれません。

何もめずらしいことではなく、子どもが小さいと本当に自分の時間がないですからね。

そこで奥さんと夫の時間的格差があればなおさら夫婦関係は悪化していくでしょう。

そこで、私の提案です。

定期的に夫婦でお出かけしましょう。

なぜ夫婦でお出かけを推奨するか?

それは、奥さんの話を優先的に聞く時間を作るためです。

  1. 子どもがいると子どもの会話を優先する
  2. だから奥さんの気持ちを吐き出すチャンスがない
  3. 奥さんは気持ちを聞いてくれる人のそばに行ってしまう
  4. つまり他の場所に求めていく…

この流れはどうしても防ぎたい!

だから休みを作って、奥さんの話を聞くためのお出かけに行くのです。

どうやって?

  • 子どもたちがいない平日に有休を取ってまで行く
  • 子どもたちを実家や親などに協力して見てもらってでも行く

つまり、

意地でも行くのです。

仕事よりも家庭を、奥さんを優先しないと後々とんでもないことになりますよ。。。

なんて脅しじゃないけど、

子どもたちが巣立った後は夫婦が残るわけですからね。

その時に不仲なんて最悪ですよ。

夫婦が仲が良い方が絶対に幸せなんですから。

お出かけ中の注意点

このお出かけは奥さんのためです。

奥さんの話を聞く日です。

割り切ることが大事です。

  • 奥さんにリラックスしてもらう時間を作り、
  • 奥さんのグチに頷き、共感する
  • 奥さんがしゃべってる間に口を挟まない
  • 間違ってもアドバイスや正論なんて言わないこと

奥さんが求めているのは答えではなく、聴いてくれる相手と気持ちに共感してもらうことです。

そこを忘れないようにしましょう。

奥さんにgive&giveです。

1日のおわりに気付く

こういうお出かけの時間を作って、奥さんの希望を叶える1日にしてみると気付くことがあります。

奥さんが喜んでいます。

普段の忙しい日常から抜け出してリラックスしている奥さんを見ると、

付き合っていた頃の奥さんを思い出すでしょう。

そう。これは奥さんのためではなく、自分のためなんです。

 

1日を過ごした後、きっと奥さんを改めて好きになっていることでしょう☆

 

ぜひ定期的にそんな日をもちたいですね(´ω`*)