【ベビーリーフの育て方】種を植えてから1ヶ月程度で生サラダ!《2022年5月7日》

わが家では【生サラダ】と呼んでいました。

正式名称はベビーリーフという名で売られているようです。

このベビーリーフ。何の葉っぱかご存じでしょうか?

本日の食卓にもサラダとして登場した【ベビーリーフ】について調べてみたので報告します。

ベビーリーフとは?

生サラダ2022/05/07

いろんな種類の〖若葉〗だそうです。

特定の種類の野菜というわけではないんですね。

ベビーリーフの種類

  • レタス類
  • ルッコラ
  • スイスチャード
  • 水菜
  • ほうれん草

こういった野菜の若葉をベビーリーフと呼ぶようです。

若葉なので柔らかく食べやすいのが特徴ということです。

たしかに、柔らかくて食べやすかったですね。マヨネーズとの相性も抜群( ´艸`)

若葉なので栄養もしっかりと蓄えているようです。

ベビーリーフの育て方

種をまけば何度も収穫できる

種まきから1ヶ月程度で収穫できるようです。

何度も収穫できるんだとか。

わが家も時期をずらして種をまいているので、時間差で育っていますね。

種まきのコツ

種は非常に軽いので、土の上にパラパラとまいたら、軽く土をかぶせておくと良いでしょう。

水やりはこまめに。土が乾燥しない程度にということです。テキトーでOKです。

葉っぱがモサモサしてきたら根本をハサミでカットして収穫!

他の野菜と混ぜてサラダにしていただきましょう☆

おわりに

手軽に育てられて栄養もある野菜を食べられる。

しかも何度も収穫できる。

メリット多しのベビーリーフ。

もし機会があればぜひご家庭でも育ててみてください(^O^)